通販の専門業者だけが知っている?オリジナルのダンボールの魅力

段ボール

ダンボール素材をそのまま使用した封筒も!分別不要で処分も簡単

重要な書類や書籍を郵送する際、中身の保護のためビニル製の緩衝材を用いることがあります。最近では、緩衝材付きの封筒もあり、そのまま梱包するだけで済むものの受け取った側は分別処理する手間が生じてしまいます。しかし、ダンボールの専門通販で購入すれば、分別に手間のかからないダンボール素材を使用した封筒を調達することができます。
ダンボール紙の波型構造がそのまま緩衝材となるため、内部の保護性能も高く、商品を安心して郵送することが可能です。処分する際にはそのまま紙資源としてリサイクルすることができ、環境負荷を考慮することもできます。また、商品を厳重に梱包する作業からも解放され、梱包にかかる手間も解消され、労務コストの削減にも繋がります。 ダンボールの専門通販で購入すれば、サイズもmm単位で発注することができ、過剰梱包も無くなる上、郵送コストの削減にも繋がる上、郵送コストの計算も行い易いなどメリットは多数あります。
もし、緩衝材付きの封筒をこれまで使用していたものの、調達コストが高いと感じている場合はダンボール素材を使用した封筒に切り替えてみては如何でしょうか。専門通販なら標準ラインナップとなっていることもあり、導入までの時間もかかりません。

ダンボールの調達コストを比較できる!通販の自動見積がおすすめ

ダンボールは商品の梱包材、また梱包された商品をロット単位で梱包するなど企業では多く使用します。しかし、ダンボールの調達コストは結果的に原価アップに繋がり、少しでも調達コストを抑えることを考えます。ダンボールの調達方法としては、今では専門通販で購入するのがおすすめです。代理店や問屋を経由のとは異なり、専門通販店の自社工場から直送されるため、中間マージンが抑えられます。
そして、専門通販のメリットとしてはダンボールの見積が手軽に行え、概算額も素早く算出できる点です。見積はホームページ上で行え、時間を問わずに利用できます。そのため、業者の営業部門に問い合わせを行い、見積に日数を要するといったことも無く、素早くダンボールの調達コストを見直すことが可能になっています。
また、複数社の見積も同時に行うことができ、どの専門通販で購入するのが最安値になるか日数を要さずに把握することができます。さらにダンボール加工の得意不得意を見極めることもでき、A社では加工できなくてもB社では可能といったダンボールを任意に組み合わせて発注でき、得意不得意でトータル調達コストがアップすることも避けられます。もし、ダンボールの原価を見直すのであれば、専門通販の見積を活用するのもおすすめです。

ダンボール通販なら工作用材料も調達できる!板材で購入も可能

ダンボールは工作用の材料としても、軽くて加工がし易い、ペイントが可能といった特徴があります。さらに木材と比べると価格も安く、手頃に調達出来るため、工作課題にピッタリです。しかし、市販のダンボールは切り開いて使用するだけでなく、パーツごとに大きさが異なってしまい使い勝手は良くありません。しかし、ダンボールの板材なら専門通販で購入できます。
専門通販なら一枚物のダンボールで小さなものから大きなものまで、オーダーメイドでカットすることができます。一枚物ということもあり、材料として使用できる面積も大きく、資源を無駄にすることがありません。さらに市販されるようなダンボール素材だけでなく、強化ダンボールも取り扱っているため、大きなものを作れる上、人が乗っても壊れることの無い作品を製作できます。
オーダーメイドでカット依頼すれば、ダンボールの調達コストも抑えられ、届いてからの保管スペース確保に困ることがありません。専門通販で購入という選択肢は、個人や学校にも対応しているため、学校の教師の方でダンボールの調達に悩んでいるのであれば、専門通販を活用しては如何でしょうか。国内の自社工場で生産されるため、納期も短くなっています。


最安値でオーダーダンボールをお好みのサイズで購入できる通販サイト【ユーパッケージ】
即日で出荷することもできるので、すぐに必要という方に便利な通販業者です。

ダンボールを抱えている人

PICK UP

NEW POST

2018年09月18日
持ち運びからインテリアまで!ダンボールの魅力を引き出す通販を更新しました。
2018年09月18日
業務用で使うダンボールは通販の専門業者から簡単に購入できるを更新しました。
2018年09月18日
理想のダンボールが見つからないなら専門業者に相談しようを更新しました。
2018年09月18日
ダンボールを通販で注文するとオーダーメイドでも対応できるを更新しました。
TOP